TAIYODENKI RECRUIT 2019TAIYODENKI RECRUIT 2019

TAIYODENKI RECRUIT 2019

contact

01

interview

若手社員インタビュー & 1日のスケジュール

TAIYODENKI RECRUIT 2019

speaker 01

入社7年目

配電課 Iさん

配電は、仕上がったボックスに
配線を綺麗に設置していく作業。
電機のスペシャリストです。

アットホームな職場で
働きやすい空気感がある。

入社の前と後の事を聞かせてください。

この会社が初めてなので他の会社と比較はできませんが、とにかく地元で就職したいという気持ちが強かったです。大学で電気工学を学んでいたので電気に関わる仕事につきたいとも思っていました。何社か面接を受けましたが縁があってこの会社に就職しました。会社の雰囲気も心地良い感じがします。飲み会はもちろん、季節ごとに年越しそばを食べたり、鏡開き、夏はスイカを食べたりとアットホームなところがあります。

クライアントの喜びが
わたしたちの喜びに繋がっている。

担当業務について教えてください。

うちの会社は一貫生産の会社です。板金から塗装、配電まですべて自社で作っているので部署間でのコミュニケーションが重要だと考えています。加えてオーダーメイドですので、同じ製品を作ることはなく、日々、担当する業務も違ってきます。チームの中でも臨機応変に今日はあれやろうとか、これやろうとかチームプレイでやっています。先日、全体朝礼で製品を納めたクライアントから太陽電機に発注してよかったとお話がありました。それを聞くと仕事をしていて誇らしい気分になります。

何年かかるかわからないけど、
経験を積み重ねたら見えてくる。

スキルアップに必要なものは何ですか?

私が所属する部署では、機械ではなく人が行う作業が多いので、誰が見ても綺麗に仕上がっている製品を作りたいと考えています。スキルアップを目指すためには、先輩の技を盗みつつ、数をこなしていかなければなりません。他にも僕が持っていないスキルを持ったスペシャリストの方々がたくさんおられますので、やったことのないことにもチャレンジしていきたいと思います。

信頼と実績のある会社を
これからも守っていく。

太陽電機の魅力を教えてください。

創業65年くらいになる会社ですので、もちろん僕が生まれる前からある歴史のある会社です。今日まで続いているのは、やはり地元のお客様との信頼関係を一番大切にしていることだと思います。やっぱりさっきも言いましたけど太陽電機に作ってもらってよかったと言われると、私も嬉しくなります。その信頼関係を今後も守って行かなければいけないと考えています。製品も納期もそういうところをキッチリとして行くことが大事なんかじゃないかと思います。

human × energy

会社で頼られる存在になってみせる!

movie

Iさんのある1日のスケジュール

  • 8 : 20業務開始
  • 8 : 30朝礼
  • 9 : 00仕様確認
  • 9 : 30仕事不明点があるまま仕事をしない。
    解決するまで、客先・上司・他部門と相談や連携を徹底し、
    コミュニケーションを大切にする。
  • 10 : 0010分間休憩
  • 12 : 00昼休み
  • 13 : 00メールチェック
  • 13 : 30仕事
  • 15 : 0010分間休憩
  • 17 : 30業務終了
gear
gear
gear

interview若手社員へインタビュー

entry